DigitalSignage

HOME > 事業内容 > デジタルサイネージ
デジタルサイネージとは
デジタルサイネージとは、映像や情報をディスプレイ上に表示する電子看板です。電子POPや電子掲示板とも呼ばれることがあり、映像と音声による表現だけではなく、タイムリーな情報更新やスケジュール配信が実現できます。
デジタルサイネージとは

●情報のリアルタイム性

時間・客層・天候等にあわせて、リアルタイムに表示内容を変更できます。
スケジュール機能付のシステムを導入することで、予め設定したスケジュールのとおり、表示される情報を自動的に入れ替えることができます。
紙媒体の張り替えに比べ物理的な手間を軽減でき、閲覧対象にあわせた鮮度の高い情報を発信することが可能です。

●ブランディングと空間演出

紙媒体では、伝える情報量に伴って多くの壁面を使います。デジタルサイネージであれば、大画面でビジュアル的に多くの情報を伝えることができます。
また、写真スライドショーや抽象的なビジュアルによる演出等、空間演出インテリアとしての活用もできます。
サイネージディスプレイ筺体とビジュアルを一体感のあるデザインにすることで、空間に溶け込んだデザインも可能です。

●多拠点、他デジタル媒体との情報共有

インターネットを用いたクラウドシステム等を活用することで、複数拠点での同時情報表示や表示情報ストックの共有ができます。広報面だけではなく、工場の社員への情報案内等、幅広く利用可能です。
また、ウェブサイト等、インターネットを活用した他の媒体とデータ連携を行うことで、相乗効果を持ったプロモーションも考えられます。

・デジタルサイネージを導入検討したい。
・どういったことができるのか知りたい。
・既に導入しているデジタルサイネージをさらに上手く活用したい。
・デジタルサイネージの番組コンテンツを作って欲しい。
・アイディアはあるが、実現する機材や方法がわからない。
・自社のお客様向けの企画を支援して欲しい。

など、デジタルサイネージに関した相談ありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

事業内容